4/28、マイクロソフトインターネットエクスプローラーのバージョンの6〜11について標的型攻撃に悪用される可能性がある脆弱性が見つかったとの報告がありました。

現在、IE6~11のバージョンをご利用のお客様へマイクロソフトより修正プログラムがまだ提供されていませんので他ブラウザーをご利用するか提供されるまで利用を控えるなどまた、セキュリティーソフトによる対策を実施することをお勧めいたします。

詳しくは、独立行政法人情報処理推進機構を参照。

当社でもPCサポートで対応していますのでご相談ください。